消費者金融で決められた融資限度額は増額もできる

申し込みをすると消費者金融では審査が行われ、収入と支出状況、信用力によって融資限度額が決まります。
自動契約機で借り入れをする、返済をするという実績がない新規申し込み時の段階では個人信用情報機関に現在の借入残高と過去の債務の状況を確認しそれによって信用力を判断します。
申込書に記入した多くの項目一つ一つは属性と呼ばれ点数がつけられます。
人柄も審査項目に加えられていた対面申し込みの時代とは異なります。
あくまでも客観的な判断が行われるものです。
返済可能な金額というよりは新規申し込みの段階では、貸し付けてもいい金額が融資限度額として決められる傾向があります。

 

消費者金融では初回融資限度額は15万円から20万円ほどに設定されることが多く、借り入れ金額としては少額にも感じられますが、実は消費者金融から借り入れをする金額としては妥当なものです。
借り入れ金額が大きくなればそれだけ返済が長くなり、返済が長くなると日割り計算の利息がその分加算されます。
金利が低ければそれほどの支障はないでしょう。
しかし、金利が高い消費者金融では長期間の借り入れは大きなマイナスになりかねません。

 

それでも融資限度額の範囲内では足りない借り入れが発生した時、増額という手段があります。
新しい借り入れ先を作り新たに融資限度額が与えられることは多重債務の第一歩です。
それを避けるためにも借り入れ件数を増やすのではなく1社にまとめておくことは賢明な判断です。
新規申し込みをする前に増額を検討しましょう。

 

増額も申し込みをすればすぐに枠が増えるということではありません。
今以上の金額を貸し付けてもよいのか、そのための審査が行われます。
新規申し込み時の審査と異なる点は、借り入れや返済の実績ができていることにあります。
確実な返済をしていることは増額審査で重要なポイントです。

ところがそれだけではありません。
借り入れの頻度が高ければ返済を借り入れによって賄っていることも十分に予想される範囲です。
はっきりと公表されていることではありませんが、一般的には半年以上の返済実績が必要と言われています。
健全な利用をしていることが増額の審査に良い結果をもたらします。
十分に計画的な利用をしながらそれでもやむを得ない場合には新規申し込みではなく増額を検討しましょう。

在籍確認は消費者金融の審査に非常に重要

審査の一つとして行われることに在籍確認があります。
ところが何の問題もなく審査が進んでいる方でも在籍確認で審査がストップしてしまうこともあります。
返済をするために必要な収入、その収入に必要な勤務先、それがはっきりとしていない段階で契約することはありません。
契約後の在籍確認を行うのではなく、審査の項目の一つとして在籍確認が行われています。
なかなかあることではありませんが、勤務先の電話が不通になっている場合にも在籍確認が完了しません。
何よりも重視されるのは、本当に在籍しているのかを確認することです。

 

在籍確認が行き詰ってしまうよくある理由にこのようなものがあります。
・会社の電話が転送設定にされている場合
・休日で会社の電話に誰も出ない場合

 

よくあることではありますが、会社の電話を転送設定にしているところがあります。
従業員数が少なくその場所が不在になることが多い場合、もしくは重役が直接電話口に出ることになっている場合には、電話に出る社員の携帯電話などにかかってきた電話が転送されることがあります。
転送設定は確実な在籍確認につながりません。
そのため、審査に行き詰ってしまうことがあります。

 

最も多いのは会社が休日で電話口に誰も出ないという場合です。
これでは在籍確認のしようがありません。
申し込みや審査対応時間などすべてが営業時間内であっても、在籍確認ができるまでは契約ができずに審査結果は持ち越されることになります。
審査結果が持ち越されるということは契約が先延ばしになること、借り入れが先延ばしになることです。
意外に見通しがちな項目になりますので気をつけなくてはなりません。
疑われるというよりは、在籍を確認することが本人確認書類を確認することと同様の意味があると考えてよいでしょう。
本人を確認するための書類を持参しなければ申し込みはできません。
それと同じように在籍確認ができなければ審査が進まないということです。

 

在籍確認に心配なことがあれば審査が始まる前の申し込みの段階で消費者金融の担当者に相談をしましょう。
審査が始まってからでは既に在籍確認が行われている可能性が高くなります。